法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

保育園と幼稚園の先生

男女

未就学児童の保育機関はそれぞれ所轄省庁や法令に違いがあり、保育教育に携わる先生も保育士と幼稚園教諭と資格取得にも違いがあります。いずれも未就学児童のための保育教育機関ですが、その内容は大きく違いが生じますのでどちらに就業するかは大学で学んでいく過程において選択しておく必要があります。

リハビリの専門職

婦人

言語聴覚士は、言語障害や音声障害、嚥下障害などの人たちを支援し、回復に向けてリハビリを指導する仕事をしています。言語聴覚士になるためには、国家試験の受験資格を得て国家資格を取得する必要があるので、指定されている養成学校に進学し修了することが言語聴覚士になる近道です。

法律のプロとして社会貢献

ウーマン

法律の知識を得る

世の中には様々な場面で法律が関わっています。「店を開きたい」「家を建てたい」といった場合には書類の作成が必要となります。また、訪問販売で契約を結ばされたなどのトラブルに対処するにも法律の知識が必要となります。そんな時に助けてくれるのが行政書士です。行政書士とは官公庁や行政機関に提出する書類の作成・代理提出を行ってくれます。具体的には下記のような書類の作成を行います。・建築業許可・飲食店営業許可・会社設立・相続・遺言などです。行政書士の仕事は、パソコンとプリンターがあれば仕事ができます。設備投資の必要もなく、自宅で開業することも可能です。また、行政書士の資格を持っていれば、法律関係の仕事が出来るということで転職に有利な場合があります。

おすすめの学習方法

行政書士は国家資格です。資格取得は難易度が高く、合格率は6%から10%と言われており、非常に狭き門です。独学よりも法律専門の学校や通信講座で勉強することが、資格取得の近道です。仕事をしながらの通学は時間的に厳しい場合は通信講座での学習をおすすめします。近年では様々なタイプの通信講座があります。通信型だけでは不安と言った時には、スクール併設型を選べばいいでしょう。近年ではテキストだけではなく、動画での講義を行っているものもあります。スマホやパソコンで視聴が可能で、すき間時間を有効に活用して学習することができます。複数の通信講座の資料を入手し、比較検討して自分に合ったタイプの通信講座を選ぶようにしましょう。

自分に合う学校で資格取得

大学生

保育士になる方法は、養成課程がある大学や専門学校で学び、課程を修了し資格を取得する場合と保育士の国家試験に合格し資格を取得する場合の2通りあります。養成学校に行く場合は、目的に合わせて学校を選ぶことでより良い学生生活を送ることができます。