保育園と幼稚園の先生|法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

保育園と幼稚園の先生

男女

未就学児童のための機関

保育園と幼稚園、いずれも未就学児童が通う機関でありますが、そこに通う児童は年齢も重なることもありどちらかを選択して通うことになります。制度的な違いとしては所管省庁は保育園は厚生労働省であり、幼稚園は文部科学省、法令は保育園は児童福祉法であり、幼稚園は学校教育法というように違いが生じます。先生は保育園が保育士で、幼稚園は幼稚園教諭となっており、その資格を得るために大学等で教職に就くための資格を得ることになります。保育士と幼稚園教諭の両方の資格を同じ試験で取得することはできませんので、保育士から幼稚園教諭に転職することはできません。そして目に見えてわかる大きな違いは保育時間です。保育園は保護者の都合で保育時間を8時間以上と定められており、日曜日や祝日以外は基本的に開いています。対する幼稚園は一日4時間以上と定められており、夏季や冬季に長期休暇が設けられていますので開園している時間に大きく違いがあるのが分かります。

先生となる場合の選択

大学などの教育機関でも保育業務に携わるための学部は大学入学試験の倍率も高いことからも分かるようにこうした未就学児童の保育に携わりたいと保育士や幼稚園教諭への就業を希望される方はとても多いのです。子供が好きならばどちらもやりがいのある仕事なのですが、就業時間を見れば保育士の方が長いですし、0歳の手のかかる乳児も預かりますのでとても大変であると言えます。保育園や保育のための機関、幼稚園は小学校からの義務教育に備えての教育機関と捉えればどちらに就業するべきかを判断すると良いでしょう。そのためにも大学の教育機関で学んでいく過程において保育士と幼稚園教諭のどちらかを選ぶかじっくり選んで自分が進むべき保育機関の道を決めることです。