自分に合う学校で資格取得|法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

自分に合う学校で資格取得

大学生

国家資格を取得するために

高校卒業後に保育士を目指す場合は、保育士養成課程がある4年制大学や2年制の短期大学や専門学校で学び、課程を修了することが必要です。保育士養成課程がある学校を修了することで、国家資格の保育士資格を取得することができます。保育士として働く場合は、必ず保育士資格が必要となるので、養成課程がある学校に行くことが近道になります。養成学校を修了していない場合でも保育士になることはできますが、国家試験に合格する必要があります。子育てが落ち着いた主婦や社会人から保育士を目指す人も多く、毎年4万人から5万人が国家試験を受けていますが、合格率は1割から2割と低く狭き門です。試験では細かい部分まで問われることもあるので、時間をかけてしっかり学習することが大切です。

目的に合わせた学校選び

保育士の養成学校を選ぶ場合は、目的に合わせて学校を選ぶことが大切になります。4年制大学を選ぶ場合は就職までに時間や学費が多くかかりますが、専門的な知識を幅広く学ぶことができ、興味のある専門外の科目を学ぶ時間にも恵まれます。2年制の短期大学や専門学校を選ぶ場合は、2年間という短い期間に専門的な知識を全て学ぶため、忙しい学生生活を送ることになります。しかし、2年後には保育士として働くことができるので、なるべく早く就職したい人や学費を抑えたい人には2年制の養成学校が向いています。養成学校では講義だけではなく実習も多く学ぶことになるので、目的に合わせて学校を選ぶことで、より良い学生生活を送ることができます。