リハビリの専門職|法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

法律の知識を得る為の行政書士の資格|通信講座でも取得可能

リハビリの専門職

婦人

働きやすさとやりがい

言語聴覚士は、総合病院やリハビリセンターなどの医療機関や介護施設、教育機関など様々な場所で必要とされています。言語聴覚士は、病気や加齢などによる言語障害や音声障害、嚥下障害などで日常の生活が困難な人たちを支援し、訓練や指導をする仕事をしています。言語聴覚士は国家資格を持つ専門職なので、結婚や出産を機に離職した場合でも復職しやすく、就職先によっては託児所や保育園を備えている場合もあります。言語障害や音声障害などは回復するまでに時間がかかるので、根気強く長い目でサポートをする必要があります。しかし、患者の回復を感じるときや感謝の言葉をもらったときは、言語聴覚士という仕事の必要性ややりがいを感じることができます。

受験資格を得るために

言語聴覚士は国家試験を受けて合格することで資格を取得できますが、国家試験を受けるための受験資格を満たしている必要があります。高校卒業後に言語聴覚士を目指す場合は、指定されている大学や短期大学、専修学校に進学し所定の課程を修了することで国家試験の受験資格を得ることができます。養成学校では、様々な医学の知識や心理学、社会福祉などを学びますが、講義だけではなく実習や演習など学ぶことが多く、国家試験に合格するためには学校での授業をしっかり受けることが大切です。言語聴覚士の国家試験は年に一度しかなく、合格率も六割から七割と低めですが、養成学校の新卒者だけで合格率を見ると八割以上と高く、学校での毎日の学習がとても大切なことがわかります。